浄土真宗の教章(私の歩む道)

・宗 名
浄土真宗

・宗 祖(ご開山)
親鸞聖人
ご誕生:1173年5月21日(承安3年4月1日)
ご往生1263年1月16日(弘長2年11月28日)

・宗 派
浄土真宗本願寺派

・本 山
龍谷山 本願寺(西本願寺)

・本 尊
阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)

・聖 典
・釈迦如来が説かれた浄土三部経
『仏説無量寿経』
『仏説観無量寿経』
『仏説阿弥陀経』・宗祖親鸞聖人が著述された主な聖教
『正信念仏偈』(『教行信証』行巻末の偈文)
『浄土和讃』『高僧和讃』『正像末和讃』・中興の祖蓮如上人のお手紙『ご文章』

・教 義
阿弥陀如来の本願力によって信心をめぐまれ、念仏を申す人生を歩み、この世の縁が尽き  るとき浄土に生まれて仏となり、迷いの世に還って人々を教化する。

・生 活
親鸞聖人の教えにみちびかれて、阿弥陀如来のみ心を聞き、念仏を称えつつ、つねにわが  身をふりかえり、慚愧と歓喜のうちに、現世祈祷などにたよることなく、御恩報謝の生活  を送る。

・宗 門
この宗門は、親鸞聖人の教えを仰ぎ、念仏を申す人々の集う同朋教団であり、人々に阿弥  陀如来の智慧と慈悲を伝える教団である。それによって、自他ともに心豊かに生きること  のできる社会の実現に貢献する。

浄土真宗の生活信条

浄土真宗の生活信条は、一九五八(昭和三十三)年四月十六日に発布の、
大谷本廟親鸞聖人七百回大遠忌法要「御満座の消息」において勝如上人(前門様)が
お示しになられたものです。

大谷本廟親鸞聖人七百回大遠忌法要
「御満座の消息」

このたび宗祖親鸞聖人の七百回大遠忌法要を大谷本廟において予修いたしましたところ、遠近各地より多数の御同朋参詣せられ堂内にあふれるお念仏のうちに、ただ今にぎにぎしく御満座となりましたことはひとえに聖人御遺徳のたまものとこころから感佩するところであります。

おもうに聖人は深く阿弥陀如来の本願を信じ大悲に救われてゆく喜びの上から 常に真剣に報恩謝徳の道を歩まれ世のなか安穏なれ仏法ひろまれと尊い九十年を生き抜かれたのでありました。

この厳粛な聖人の御生涯こそ真宗繁昌の源であり、お流れをくむもののひとしく御恩徳を讃嘆するところであります。

さればこのたびの御法要におあいした所詮には仰いで聖人の御一生を鑑として おのおのうるわしい信仰生活にいそしまれるようここに真宗の生活信条を示します。

一、み仏の誓いを信じ尊いみ名をとなえつつ強く明るく生き抜きます
一、み仏の光をあおぎ常にわが身をかえりみて感謝のうちに励みます
一、み仏の教えにしたがい正しい道を聞きわけてまことのみのりをひろめます
一、み仏の恵みを喜び互いにうやまい助けあい社会のために尽します

いよいよ昭和三十六年の大遠忌正当も間近にせまりました今こそこの生活信条を肝に銘じ力強くこれを実行して浄土真宗の興につとめ社会の福祉につくしていただきたいものであります。

願くは御同朋の方々ますます如来のお慈悲を喜び相携えて念仏の生活に徹し 真宗教徒の本分を全うせられるよう切に念願するところであります。

昭和三十三年四月十六日
龍谷門主釈 勝

食事の言葉

新「食事のことば」について

「食事」をいただく時に、私たちは何を思い、どのような思いをいだいているのでしょうか。
「食」 それは「多くのいのち」をいただいています。
「食」 そこには「みなさまのおかげ」がありました。
「食」 仏さまの「ご恩」を深く喜ぶことができます。
「食」 「慚愧」と「歓喜」の心でもって「仏恩報謝」につとめてまいりましょう。
食事の際に一人ひとりが「ご恩」を味わえるように、新「食事のことば」ができました。
従来から親しんでこられた方も、いままであまり口にされてこなかった方も、
この新「食事のことば」を自ら声にだして、深く尊い「ご恩」を喜ばせていただきましょう。

〔食前のことば〕(合掌)

●多くのいのちとみなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました。

○深くご恩を喜び、ありがたくいただきます。

〔食後のことば〕(合掌)
●尊いおめぐみをおいしくいただき、ますます御恩報謝につとめます。

○おかげで、ごちそうさまでした。

新「食事のことば」解説

このたび宗門より、新しい「食事のことば」が制定されました。新しい「食事のことば」を提案する理由は、現代日本の食を取り巻く環境、ならびに食に対する意識を勘案したこと、
また従来の「食事のことば」が現代人の感覚から誤解を招きそうな危惧があることなどによります。けれども従来の「食事のことば」は、すでに宗門内で定着しておりますし、決してそこに大きな問題があるというわけではありません。
そのため従来からの変更は最低限度にして、唱和部分は変わっていません。
以下には、新しい「食前のことば」と「食後のことば」のいくつかのポイントについて説明していきます。

《食前のことば》

「多くのいのち」について
「多くのいのち」と明記していることは、私たちの食事は多くのいのちをいただいているという事実を深く見つめるためにあります。
また、現代社会では「いただきます」ということばをあまり耳にしなくなったのではないかということへの反省でもあります。

たとえば、ごくわずかな人のことかもしれませんが、お金を払っているのだから「いただきます」と手を合わせる必要はないように考える人もいるようです。
ややもすると私たちも「いただきます」ということばを慣習的に発しているだけになってしまってはいないでしょうか。
そこに本当に感謝と慚愧の念がともなっているといいきれる人はどれほどいるでしょうか。ここに「多くのいのち」と明言することで、私たちの日々の食事は多くの動植物のいのちの犠牲の上に成り立っているのであり、そのいのちへ感謝と慚愧を明らかに示すことになります。私たちは多くの尊いいのちによって、今の自分が支えられている「おかげ」に気付くことで、感謝の心が育まれることでしょう。

また、学校の教育現場などでは「いのちの尊さを伝える教育」とは言いつつも、たんに「いのち」という抽象的なフレーズを繰り返すだけであったり、人間の生命の尊重のみに終わっているのが実状のようであります。日常の家庭の中で、動物や植物などの全てのいのちの尊さを実感する機会が求められています。こうした背景から「多くのいのちのおかげ」ということばを口にすることにしました。

■「みなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました」について
「みなさまのおかげにより、このごちそうをめぐまれました」ということばは、目の前の食事を直接調理してくれた人、そして食材をとったり、あるいは食材を運び届けてくれた人など、さまざまな多くの人たちのご苦労のおかげによることを示しています。
なお、従来の食事のことばには、「み仏のおかげにより、ごちそうをめぐまれる」という文脈がありました。これは「紙切れの一枚にいたるまで、仏さまのおかげと受け止める」といった広い意味での仏恩と受け止めることができます。しかし、特にはじめて聞いた方などは、「み仏が食材を提供する」というニュアンスで理解される方もいるかもしれません。
このように理解してしまうと、肉や魚も、人間の食用として神が造ったように考えるキリスト教などの創造主の概念と同じとなってしまい、これでは仏教ではなくなってしまいます。ことに現代は、浄土も天国も同じように考えられてしまいがちです。したがって、キリスト教など他の宗教と仏教の違いについて誤解されることのないような配慮が、これからもさまざまな場面で必要になってくるでしょう。

ここに言う「みなさまのおかげ」は、広く言えばみ仏の御恩をも含めた尊いおかげを言いますが、「多くのいのち」と並列・対句とすることで、「多くのいのち」の犠牲と、「み仏」のおかげとは別であることを示し、み仏が創造主と誤解されることを避けています。

その上で「多くのいのち」ということばに、私たちの「慚愧」の思いを込め、「みなさまのおかげ」ということばには「感謝」の思いを込めています。

そしてこの二つを受けて、「深くご恩を喜び」と結び、食事を通して、単なる味覚ではなく「ご恩」を味わう機縁となることを願っているのです。

■「深くご恩を喜び」について
「多くのいのち」と表明することで、多くのいのちをいただかなければ生きていけない私の本性的あり方に対しての慚愧のこころを呼び起こし、「みなさまのおかげ」と表明することでさまざまなおかげによって、いまこの食事をいただくことができ、生きていくことができることに対しての感謝のこころを呼び起こすことを目指しています。

慚愧や感謝のこころを持ち合わせていなかった私に、「多くのいのち」をいただいていることへの慚愧と、「みなさまのおかげ」によって生きていることへの感謝のこころを起こさせたのは、阿弥陀如来のお慈悲のはたらきによるほかはありません。

「深くご恩を喜び」と表明しているのは、この阿弥陀如来のご恩、つまり仏恩を尊び喜ぶことです。

食事を通して、単なる味覚ではなく、阿弥陀仏の「ご恩」、つまり仏恩を味わうことができる機縁となることを願っているのです。

《食後のことば》

■「尊いおめぐみ」「御恩報謝」について
「食前のことば」をとおして、私たちの食事はさまざまな尊いおかげによって成り立っていることに気付かされます。そして「食後のことば」では、この食事に対して、深い感謝の念を表すとともに、多くのいのちの「尊いおめぐみ」を糧にして今の私が生かされていることが示されます。
「御恩報謝」とは、仏さまから救いの目当として願われていることへの、返しても返しきれないほどの大きな仏恩に対し、不断の努力をもって報謝の生活を送ることです。「食後のことば」では、「御恩報謝」と口にすることで、そのことを再認識し、報謝の生活を送る決意を表明しています。
今日、多くの宗教が実践を強調し、実践することの充実感が魅力の一つとも考えられています。しかし、浄土真宗の法義は実践することの喜びではなく、喜びの上の実践であって、それが「御恩報謝」なのです。「教章」にもお示しくださった「御恩報謝」こそは、まさしく「私の歩む道」としての実践の基本です。私たち一人ひとりが具体的に身に体していかねばなりません。

なお、新しい「食前のことば」においては、「み仏のおかげ」を省略していますが、この「食後のことば」にある「御恩報謝」ということばによってみ仏への感謝の思いを補っています。

[食事のことば]の意義
「食事のことば」をつねに自ら声に出すことによって、食事はただ漫然と食物を摂り、栄養を補給するものではなく、目の前の食事には、そこまでに至る大きなおかげとめぐみがあることに気付きます。そのことによって、ものの本当の価値を見出だす人間性が養われていくことになることでしょう。